釘が甘いこと

パチンコ攻略Top > 良い店を選ぶ > 釘が甘いこと

« 客付きが良いこと | メイン | 良い台に座ること »

釘が甘いこと

 「低換金率であること」「客付きが良いこと」で、低換金率で客付きの良い店は、良い店であることをご理解いただけたと思います。

 ただ、上記2つの条件を満たしただけでは、必ずしも良い店とは言い切れません。最後のチェックポイントは、釘が甘いかどうかです。なぜ、釘が甘い店が良いのでしょうか?

 釘が甘くなければならない理由は、以下です。

  ●釘の甘さは、収支に直結するから
  ●釘の違いが唯一、他のお客と差をつけられるところだから

釘の甘さは、収支に直結する

 釘が甘いことが、なぜ良い店の条件になるのか理解して頂くために、まず始めに、釘の甘さは、収支に直結することを解説します。

 パチンコの収支は、"出るお金ー入れるお金"で計算されます。釘が甘いと、1000円あたりの回転数が増えるため、入れるお金を減らすことができます。したがって、釘が甘いと、入れたお金を減らせるため、パチンコ収支を増やすことが可能です。

釘の違いが唯一、他のお客と差をつけられるところだから

 釘の甘さは、収支に直結することについて解説しました。次に、釘の違いが唯一、他のお客と差をつけられるところだからについて解説します。

 パチンコの数値には、フィーバー確率・確変確率・時短突入率・1000円あたりの回転数などがあります。それらの数値の中で、お客の努力で改善できるのは、1000円あたりの回転数だけです。よって、他のお客と差をつけられるのは、1000円あたりの回転数(=釘の甘さ)だけといえます。