等価ボーダーラインから"初当たり期待出玉"を逆算する方法

パチンコ攻略Top > 勝負ライン > 等価ボーダーラインから"初当たり期待出玉"を逆算する方法

« 勝負台を選ぶ条件に、ハマっている回数を入れないようにする | メイン | "初当たり期待出玉"を自動計算する―エクセルファイルの作り方 »

等価ボーダーラインから"初当たり期待出玉"を逆算する方法

 「回転率から期待収支を計算する」で、パチンコの期待収益の求め方を解説しました。記事で書いた期待収益の計算方法を簡単に解説すると、"1日の勝負で出るお金"から、"1日の勝負で入れるお金"を引いて計算します。

 上記の「1日の勝負で出る総玉数」を求めるには、"初当たり期待出玉*"の数値が必要であるため、数値はインターネットや雑誌で入手してほしいと―同記事で解説しました。"初当たり期待出玉"のデータを他から入手すべき理由は、自分で計算するのが非常に大変だからです。

補足説明

* 初当たり期待出玉とは、"確変での当たり"・"時短の引き戻し"を含めた―初当たり1回を引いたときに期待できる出玉のことです。

 ただ、"初当たり期待出玉"のデータは、インターネット上に少なく、また、雑誌にもあまり掲載されません。

 しかし、初当たり期待出玉のデータが見つからない場合でも、比較的手に入りやすい―等価ボーダーラインのデータから、初当たり期待出玉を逆算することができます。では、どうやって逆算すればいいのでしょうか?

 以下の手順で計算します。計算例もあわせて掲載していますので、参考にしてください。

計算例の前提条件

回転数:2,600(=13時間 × 200回転) ※ 13時間勝負を想定
当たり確率の分母:350
等価ボーダーライン:16.7

1.出るお金を求める。2.入れるお金を求める。3.1.2.を方程式に当てはめ、初当たり出玉を求める。


上記の解説では、わかりやすさのために、回転数を2,600(=13時間勝負時の回転数)で計算しました。実際に計算をおこなう場合は、"当たり確率の分母"と同じ回転数で計算すると計算しやすいです。以下の計算例を参考にしてください。

計算例の前提条件

回転数:350(=当たり確率の分母と同じ数値)
当たり確率の分母:350
等価ボーダーライン:16.7

1.出るお金を求める。2.入れるお金を求める。3.1.2.を方程式に当てはめ、初当たり出玉を求める。