"初当たり期待出玉"を自動計算する―エクセルファイルの作り方

パチンコ攻略Top > 勝負ライン > "初当たり期待出玉"を自動計算する―エクセルファイルの作り方

« 等価ボーダーラインから"初当たり期待出玉"を逆算する方法 | メイン | "回転率に対する期待収益"を自動計算する―エクセルファイルの作り方 »

"初当たり期待出玉"を自動計算する―エクセルファイルの作り方

 「等価ボーダーラインから"初当たり期待出玉"を逆算する方法」で、等価ボーダーラインを使って、初当たり期待出玉を逆算する方法を解説しました。初当たり期待出玉を逆算する方法をおさらいすると、以下のようになります。(1)まず、初当たり期待出玉を計算したい台の―1日の勝負で出るお金を求めます。(2)次に、初当たり期待出玉を計算したい台で、等価ボーダーラインの回転率の台を打つときの―1日の勝負で入れるお金を求めます。(3)最後に、1.2.の計算結果を使って、初当たり期待出玉を逆算する―といった手順でした。

 しかし、勝負する機種が変わるごとに、毎回上記の計算をおこなうのは面倒なので、数値を入力すれば"初当たり期待出玉"を自動で計算できる―エクセルファイルを作っておきましょう。では、どうやってエクセルファイルを作ればいいのでしょうか?

 以下の手順で作ります。なお、入力例も記載していますので、よろしければ参考にしてください。また、以下では、自分で入力する欄を、自動で計算される欄をで表示しています。

入力例の前提条件

回転数:2,600(=13時間 × 200回転) ※ 13時間勝負を想定
当たり確率の分母:350
等価ボーダーライン:16.7

初当たり期待出玉自動計算エクセルファイルの作成方法

ア.自分で入力する欄を作る
自分で入力する欄を作る
1.A2に、想定する"勝負時間×200"の数値を入力します*。なお、例では、=13*200 と入力しています。
2.B2に、初当たり期待出玉を計算したい機種の―フィーバー確率(低確率時)の分母を入力します。
3.C2に、初当たり期待出玉を計算したい機種の―等価ボーダーラインを調べて入力します。
補足説明
* "勝負時間×200"の200は、確変・時短回転を除いた―1時間当たりの回転数です。リーチ演出の長さなどによって機種ごとに異なりますが、ここでは200回転とします。

イ.ア.を入力すると、初当たり期待出玉が自動計算される欄を作る
ア.を入力すると、初当たり期待出玉が自動計算される欄を作る
A5に、=(A2/C2*1000)/(A2/B2*4) と入力します**。
補足説明
** A5の計算式は、「等価ボーダーラインから"初当たりの期待出玉"を逆算する方法」 の式を変形したものです。

「等価ボーダーラインから

図:初当たり期待出玉計算エクセルファイル完成図
初当たり期待出玉計算エクセルファイル完成図